スプレッドシート セルの結合と解除の方法について詳しく解説!

Googleスプレッドシートで、セルの結合や解除ができないと悩んでいませんか?

セルの結合や解除はワンクリックで出来るので、やり方を覚えると簡単に使用することができるようになります。

そこで今回の記事では

  1. スプレッドシートのセルの結合の手順について
  2. スプレッドシートのセルの結合の解除について
  3. スプレッドシートの結合する上での注意点について

この3つについて理解できるように解説していきます。

実践することで、今日からセルの結合についてマスターすることができます。

ケティー君
ケティー君

それでは解説していきます。

スプレッドシート公式サイトへ

スプレッドシート セルの結合の手順【縦・横方向】

まず、スプレッドシートのセルの結合について簡単に解説していきます。

手順1:結合したいセルを選択

手順2:メニューの中にあるセル結合のアイコンを選択

このようにボタン一つで簡単にセルの結合ができます。

セル結合のショートカットキー

Windowsの場合 [Ctrl]+[Y]

Macの場合   ショートカットキーなし

スプレッドシート 複数のセルの結合手順

次にスプレッドシートのセル結合の応用編について解説していきます。

  1. 複数の行列セルの結合
  2. 複数の行のセルの結合
  3. 複数の列のセルの結合

こちらの3つの項目について順にすすめていきましょう。

①複数の行列のセル結合

まず、選択した全てのセルを結合する手順を解説していきます。

結合したいセルを選択し【すべて結合】を選択します。

このように全てのセルが結合されました。

②複数の行のセル結合

続いて、複数の行のセルを結合する手順です。

結合したいセルを選択し【横方向に結合】を選択していきます。

行ごとでセルが結合されました。

③複数の列のセル結合

最後に、複数の列のセルを結合する手順を解説していきます。

結合したいセルを選択し【縦方向に結合】を選択していきます。

縦に3つの列を作ることができました!

スプレッドシート セルの結合解除の手順

セルの結合を解除したい場合は、

結合したいセルを選択し【結合を解除】を選択していきます。

このように結合を解除できます。

スプレッドシート セルの結合注意点

スプレッドシートでセルの結合をする際の注意点として、入力済みの文字が消えることがあります。

選択したセルのうち最も左側かつ最も上側の文字のみが残ります。

もし左上のセル以外に文字を入力していた場合

このように文字は消えてしまいます。

左上のセルに文字を入力するか、セルの結合をした後に文字を入力すると、文字が消えることはないです。

スプレッドシート セルの結合まとめ

セルの結合や解除の手順について解説していきました。

WindowsもiOSもどちらも同じ使い方なので、一度覚えると汎用性があります。

携帯電話のアプリから使用する時はツールバーが隠れたりしていて多少使いにくいです。

アイコンは同じなので、何度も試して慣れていきましょう。

ライちゃん
ライちゃん

ぜひ活用してみてくださいね!