スプレッドシートの保存について | 変更履歴から保存前のデータに戻す方法を解説

Googleスプレッドシートで編集した内容が、保存されているのか不安になりませんか?

また保存場所がどこになるのか、初見だと分かりづらいですよね。

そこで本記事では

  1. スプレッドシートの保存ルール・保存場所について
  2. Googleドライブについて
  3. 様々なデータ形式でダウンロードする方法
  4. 変更履歴から過去の保存前のデータに戻す方法

上記の4つについて詳しく解説していきます。

この記事を理解することで、スプレッドシートの保存について理解できるようになります。

ケティー君
ケティー君

それでは解説していきます!

スプレッドシートの保存ルール

スプレッドシートの保存方法はエクセル(Excel)と違い、リアルタイムで自動保存されています。

なぜリアルタイムで保存できるかというと、スプレッドシートはブラウザ上で編集するため、インターネットが接続していれば自動保存されます。

インターネットに接続がなければ、デバイスに保存され、接続されたら、Googleドライブ上に保存されるので、ご安心ください。

オフラインでも、スプレッドシートを利用することができるので、まさに万能です。

ライちゃん
ライちゃん

このように『ドライブに保存しました』と言う表示があるので、安心ですね。

① スプレッドシートはブラウザのGoogleドライブ上に保存場所を確認できる

作成したスプレッドシートはGoogleドライブ上に保存されるのでご安心ください。

Googleドライブとは、さまざまなデータに対応したオンライン上のファイル保管サービスです。

Googleドライブには、ファイル保管機能以外にも、

  1. Googleドキュメント
  2. Googleスプレッドシート
  3. Googleスライド
  4. Googleフォーム

これらのデータを作成して、他のユーザーと共有管理することができます。

フォルダを作成することもできるので、チームでオフィスワークをしたり、サイト運営、ブログ運営する上で必須とも言えるサービスですね。

Googleドライブの容量について

15GBの保存容量があらかじめ無料で提供されています。

2021年6月1日より後に作成または編集した、Googleドキュメント・スプレッドシートなども容量を使用するため、注意してください。

下記の公式サイトから確認してみてください。

Googleドライブ

ケティー君
ケティー君

15GBの無料提供は、すごいと思います!

② スプレッドシートのTOPページはスプレッドシートの保存データを確認できるので便利

スプレッドシートのデータだけみたい場合は、スプレッドシートの公式サイトを確認すると良いです。

また、上の蘭から、新たなスプレッドシートを作成することもできます。

Googleスプレッドシートへ

ダウンロードすることで様々なデータ形式で保存できる

スプレッドシートを別のデータ形式で保存する方法を解説します。

保存できる形式
  1. マイクロソフトエクセル(.xlsx)
  2. オープンドキュメント(.ods)
  3. PDF(.pdf)
  4. ウェブページ(.html)
  5. カンマ区切り形式(.csv)
  6. タブ区切り形式(.tsv)

それでは手順を解説します。

【ファイル】→【ダウンロード】を選択することで、様々なデータ形式で保存することができます。

ライちゃん
ライちゃん

非常に便利な機能です!

変更履歴から過去の保存前のデータに戻す方法

次に変更履歴から過去のデータに戻す方法について解説していきます。

ブラウザ上で自動保存されてしまうスプレッドシートは過去のデータに戻せないのが懸念点です。

ですが、簡単に復元できる方法があるので、試してみてください。

まず【最終編集】をクリックしてください。

右側に過去の保存データが表示されます。

復元したいデータを選択することで、簡単に差し変わります。

ケティー君
ケティー君

万が一に備え、覚えておくと良いでしょう!

スプレッドシート保存 まとめ

いかがでしたか?

Googleスプレッドシートの保存について全て解説してきました。

スプレッドシートは全てにおいて、欠点の少ないツールであり、誰でも無料で利用できるので、ありがたいですね。

ライちゃん
ライちゃん

皆さんの悩みが解決できるきっかけになれれば嬉しく思います!